包茎手術をするべきかと言う悩みは、とても相談しにくいことで深く考え込んでいる人が多くいます。
それは包茎であること自体が人に言えないからで、最も聞きたい部分を打ち明けられないことが原因です。
なかなか簡単には解消できませんが、最終的には自分の精神の充足度で決めることになるでしょう。
身体的なトラブルではあるものの、実害のある病気ではないため、受けるか受けないかの選択肢は対等です。
だから受けたいと思わない限り、踏み切るべきではないと言うのが結論になります。
悩みをしっかりと把握して、それを解消する手段として判断することが重要です。

包茎手術の悩みのポイント

包茎手術を受けるか受けないかを考えたとき、ポイントとなるのが本当に必要かという悩みです。
包茎手術は、真性包茎の治療として保険適用が認められています。
それは病気であると言うことを意味していて、治療が必要だからです。
ただしその必要性は包皮がカリの部分を締め付けて壊死させる恐れがあるからです。
そもそも包茎手術を受けるか受けないかを悩んでいる内容とは大きく異なります。

個人として悩みとなるポイントは、異性に恥ずかしくないようにしたいや自信を持ちたいなどの精神的な部分がほとんどです。
確かに命に関わるような内容ではないので、他の人にアドバイスをもらっても、自分で判断するしかないという結論になります。
だからといって、無視していい悩みではありません。
精神的な劣等感は、人とのコミュニケーションに大きく影響してきます。
それが異性となると人生設計にも関わる大きな問題に発展します。
異性とうまく付き合えないことが、同性との比較に繋がり、しなくても良い劣等感を抱くことにも繋がります。
身体的な問題よりも深刻になる恐れもあり、早めに解消する必要があることが考えられます。
だから受けるか受けないかと言うよりは、どうなりたいかで考えた方が良いでしょう。

包茎手術を受けるときの悩み

包茎手術を受けると判断したあとも、いくつかの悩みがあります。
たとえば痛くないかや失敗しないかなどが考えられます。
痛みについては、クリニックを選ぶことで解消できる悩みです。
今では段階的に麻酔を行う、痛くない包茎手術を行うクリニックがいくつかあります。
最初から最後まで痛みが少なければ安心して受けることができます。

次に失敗しないかという点ですが、少し細分化する必要があります。
失敗には包茎が治らないや仕上がりが悪い、違和感が残るなどが考えられます。
包茎が治らないは特殊なケースを除いて起こりにくい悩みです。
もしどうしても心配であれば、医療機関を選んで、しっかりとしたサポートが受けられるところを選ぶべきです。
次に違和感が残ると言うのは、勃起時に包皮が足りないことで起こることが多く、切りすぎが原因と言えます。
問診がしっかりでできていないことや恥ずかしくてしっかり説明できなかったことが原因になることもあるので、心配なところはしっかりと伝えましょう。
仕上がりが悪いは、傷跡が残ることがほとんどです。
縫合の技術が良いところであれば発生しにくい問題なので、縫い合わせるときのこだわりを確認しておくと良いでしょう。

包茎手術の費用の悩み

包茎手術を受けるときに費用の違いに気がつくはずです、保険が適用できるところはとても安いのに、3倍以上の費用がかかるところもあります。
この差はドクターのこだわりにあります。
保険が適用できるのは真性包茎の治療としての部分だけで、それ以上の行為は行われません。
だから安く済ませることができます。
極端に言えば、仕上がりを気にすることなく余分な包皮が切除できて、縫い合わせられれば終わりということです。
これでは見た目の問題や違和感などを感じるトラブルが発生する恐れがあります。

価格の高いクリニックでは、仕上がりの満足感や痛みを取り除くためにいろいろな工夫を行います。
それは患者のためでもあり、自身の技能向上のためでもあります。
例えば切り取る位置を勃起時にじゃまにならない、感度の低下しないところを選んだり、縫合に抗菌性の高いものを選んだりと、プレミアムな部分が追加されています。
通常の手術では使わないようなもので、より快適に、より安心にすることが目的です。
結果として患者の満足度も高くなります、それが料金の差になって出てくるわけです。
一番安いものと比較して、何が含まれているのかを確認することが重要です。

まとめ

包茎手術で悩んでいても、自分だけは解決できません。
だからといって、友達やパートナーに相談することは絶対にできません。
限られた知識の中で判断しなければならないのは、とても難しく、大変です。
重要なことは、差を見極めることとどこまで必要とするかです。
差が分かれば違いがわかり、違いが分かればそれを必要とするかを判断すれば良くなります。
これでどの包茎手術が必要かという目線で判断すればそれほど悩まなくても解決できるはずです。
決め手は手術前のカウンセリングでどれだけ多くの情報が引き出せるかです。
理解が深ければ失敗することが少なくなります。