包茎手術が恥ずかしいという感情も悩みの原因

包茎手術をすればいいのにできない原因

包茎で悩んでいる方がいれば、多くの人は包茎手術をすればいいとアドバイスするはずです。
しかし当の本人は、は分かっていてもなかなか一歩踏み出せない事も。
何故ダイレクトに悩みを解消する手段があるにも関わらずできないのか、恥ずかしいからです。

まず病院に行く事自体ハードルが高くなります。
包茎手術は大体メンズクリニックで行いますが、このような所は男性器に関する悩みで来院する方が殆どですので、もしも入る所を誰かに見られたら気まずい思いをする事も。
無事入る事が出来てもまずはカウンセリングをしなければいけません。
自分の性器について悩みを打ち明けるのはなかなか勇気のいる事です。

性器の状態を確認する為に視診をしたり、手術をする時には下半身を長時間露出しなければいけませんので、こういったクリニックに慣れていない方にとっては羞恥心を持って当然です。
ただ、そのままでは悩みを解消する事はできません。

包茎手術をする事は恥ずかしくない

実は包茎手術をする事を恥ずかしいと思っている方、取り越し苦労です。
メンズクリニックは大体ビルにありますが、一階にある事は少なく入っている所を人に見られる事は然程ありません。
ドア自体も曇りガラスなどでプライバシーに配慮している事も多いですし、待合室で他の患者さんと鉢合わせしないようにしてくれている所もあります。

カウンセリングが恥ずかしいのが悩みという方も気にする必要はありません。
ドクターは今まで多くの男性の性器の悩みを解決してきた人ですので慣れています、いちいち包茎のヤツだと思われる事はないでしょう。

看護師や受付の人まで全て男性スタッフが担当してくれるので女性に性器を見られることは皆無で安心できます。
勿論プライバシー順守です。

ちなみにクリニックのサイトで掲載されているモニターは許可を得た上で載せているので、無許可で掲載するようなことはありません。

包茎手術を今まで避けてきた人は考え直してみてください。

まとめ

身体的コンプレックスを解消するまでの経緯が悩みになる事例は少なくありません。
実は恥ずかしくない事だと他人から言われたとしても、なかなか勇気をもってクリニックに行くのは難しいですが、その先にあるのはコンプレックスのない未来です。

包茎手術は一度するともう二度と皮が復活する事はありませんので、人生に一度の事なので頑張ってください。
悩みの原因は必ず取り除く事ができます。

たった一歩ドアを開いて中に入ればドクターは親身になって悩みの解消をしてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。