包茎手術後のダウンタイムに関する悩み

包茎手術のダウンタイムは2週間続きます

包茎手術に限らず、外科手術においては、どのような種類のものであっても、手術中には麻酔が施されることになるので、痛みを感じることなく手術を受けることができるでしょう。
しかし問題なのは、麻酔が切れてから回復に向かうまでの期間、つまりダウンタイムの痛みです。
このダウンタイムについて、どれくらい続くのだろうと悩みを抱える人は多く見られます。
一般的に包茎手術は局所麻酔を行うことが一般的なものとされていて、手術が終わってから約一時間ほどは、麻酔が効いている状態です。
麻酔が切れた直後から迎えるダウンタイムについて悩む人が多いですが、基本的には数週間程度続くと覚えておきましょう。
またどのような種類のものを選ぶのかによっても、ダウンタイムは異なります。
一番用いられやすいものが亀頭直下埋没法と呼ばれるもので、手術跡が目立ちにくく失敗もほとんどないので、多く採用されている方法と言えるでしょう。

包茎手術のダウンタイムの悩みを減らそう

包茎手術中には局所麻酔を施すことになるので、痛みを感じることはないですが、麻酔は注射で行われることが多いため、この注射の痛みについては、それなりに覚悟をしておいた方が良いでしょう。
そしてさらに悩みの種となるものが手術後のダウンタイムです。
ダウンタイムにどのような経過をたどるのかを把握することで、悩みも少し軽減されるものです。
まず手術当日ですが、麻酔が切れると強い痛みが現れ始めるので、クリニックでは痛み止めが処方されます。
しかし痛み止めを服用したとしても完全に消えることはありません。
2から3日が経つと痛みはまだあるものの、包帯を巻いたままシャワーを浴びることが可能となります。
4日から一週間が過ぎると包帯を外して洗うことができ、洗い終わったら再び清潔な状態で傷口を保護する必要があります。
抜歯が必要な場合には8日目以降に抜糸を行い、この時点でまだ痛みが残っている可能性はありますが、ほぼ平常通りの生活を送ることができるでしょう。

まとめ

現在包茎手術に興味があるけれども、痛みやダウンタイムなどの問題に対し悩みを抱えていると、なかなか一歩を踏み出す勇気が出ないという人も多いことでしょう。
しかし包茎手術を終えてから約2週間も経てば、普段通りの生活に戻ることができます。
このように考えれば、痛みやダウンタイムの悩みは、それほど大きなものには感じられません。
まずはクリニックでカウンセリングを受けてみて、その際に手術について、また悩みについて相談してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。